森林塾の開催レポート


今年の3月から5月に新宿のOZONE(オゾン)にて開催しました【森から住宅を考える・柱のきた道】展に参加いただいた方の中から3組を紀州は和歌山県の山長商店の森にご招待いたしました

8月26日(土)

08:30
羽田空港集合、一行南紀白浜空港へ出発

10:10
南紀白浜空港到着、ちょっと蒸し暑いがいい天候、お迎えの山長商店のスタッフと合流

11:00
さっそく、伐採現場へ
f0023434_17231760.jpg

コンプレッサー(切り倒された木を一定の長さに切り分ける機械)が鳴り響き上空には集材用のロープが張られ杉・桧がトラックで運び出されています(どっちが杉でどっちが桧?)

12:30
山長商店110年生の森「川原谷」に到着
f0023434_1725924.jpg

山の語り部松本さんの説明がさらにヒートアップ、山の育て方を細かく説明、ここまで言わなくってもの話が連発!(身内の方はヒヤヒヤものです)

15:30
山長商店の製材所に到着
f0023434_17303244.jpg

山で切られた丸太を四角い柱や梁などの製材工程を勉強、丸太の一回目の製材は材が縦に歪むような方向で切るとのこと、それがどっちなのか我々にはさっぱり分かりません???

15:45
新JAS(日本農林規格)工場の証の破壊検査機
f0023434_1734584.jpg

ここの工場から出荷される柱は日本農林規格の規定にあった強度や含水率を実証すべく一定量の中から実際に壊して強度を確認します
(これぞほんまもん!)

16:00
プレカット工場です
f0023434_17402576.jpg

大工さんの道具としてプレカット(建前が出来る状態まで木材を加工します)を行っています、ここで働いている人はアルバイトのお兄ちゃんやおばちゃんでなくみんな木の知識を持ったプロ集団です
(奥にちょっこと見える人は大工さんです)

16:30
勉強会の始まりです
f0023434_17541569.jpg

今日の見学をふまえ、日本の林業の実情や問題点それの解決策、環境への負荷から自立循環型の家づくりまで国産材の役割などかなりマニアック話をわかりやすく(?)説明しながら参加者とトークをおこないました

8月27日(日)

10:30

山の労働体験開始
f0023434_1823058.jpg

いよいよこの森林塾のメインイベント下草刈りです、森林管理者の辻さんのレクチャーを受け鎌を持って作業開始、去年植林をしたばかりの桧の木を切らぬよう慎重に草を刈っていきます
まだちっちゃな木は雑草に覆われています、太陽の恵みををいっぱいもらえるように作業は続きました
(暑いし、手も腰も痛くなってそれは大変な作業です、山の方には頭が下がります・感謝!)

PM

番外編
f0023434_1813353.jpg

南紀・和歌山県は世界遺産の『熊野古道』で有名になりました
ここは滝尻王子(王子は休憩所や宿場を意味します)、現存する熊野古道の出発点です


今回参加していただいた方誠にありがとうございました
山での辛い(?)作業まで真剣にしていただき感謝申し上げます
また、二日間付き合っていただきました山長商店のスタッフの方々そしてドライバーのAさんご苦労さまでした

次回は11月に新宿は神楽坂でイベントをおこなう予定です、皆様のご参加心よりお待ちいたしております(森・住スタッフ一同)
[PR]
# by fhplus | 2006-08-28 18:30 | ブログ
OZONEのホームページで見つけました

OZONEのホームページを見ていましたら【森から住宅を考える】で以前神楽坂で行ったイベントの写真を見つけました

私達は、2ヶ月で撤退してしまいましたが今も多くの団体が「ショーケース」のスペースを利用しています

次回《第5回》も募集しているようです、興味のある方はOZONEのホームページをご覧下さい(我々は決してOZONEの回し者ではありません)

*確かにOZONEには住いに関してレベルの高い方が来場されます
[PR]
# by fhplus | 2006-08-09 10:08 | ブログ
【森のゆくえ】
浜田久美子さんが書きました『森のゆくえ』(林業と森の豊かさの共存)を読みました

e0007938_1782952.jpg

戦後の拡大造林でつくった1000万ヘクタールの人工林を負債でなく偉大な財産としなければならないと浜田さんの最後のことばにあったことが印象的でした
「森のことを書く人になる」と10年前に想い何冊かの著書を世に出していますが、この本を書くのにあたり3年もの月日を費やしたそうです(3年前の取材の話が古くなっていないのが今の林業の現状をある意味かたっています、残念ですが)

詳しくは皆さんにも読んでいただき日本の森を知っていただきたいのですが、レイチェル・カールソンの『センス・オブ・ワンダー』の様な森と林業が両立できる人工林になったらどんなに素晴らしいのかと思います

森から住宅を考えるでは6年前から山と家づくりをしたいと考えている方を結ぶ活動をしています
03年にはこの本にも取り上げられています香川県の「NPO木と家の会」の会長さんである戸塚元雄(とつかもとお)さんをパネリストに新宿の神楽坂で講演会を行ったことを思い出しました
e0007938_17393397.jpg

[PR]
# by fhplus | 2006-07-12 17:54 | ブログ
『柱のきた道』企画展終了!


森から住宅を考える2006『柱のきた道 in OZONEが無事終了しました

5月30日19:00より撤収作業が始まりました、イベントなれ(?)した各社の社員が手際よく解体を行い21:30に完了しました
e0007938_911298.jpg



e0007938_9112349.jpg



e0007938_9114081.jpg

長かったような短かったような2ヶ月が終わりました(ホッとしたような寂しいような気分です)

『森から住宅を考える』の活動はとてもちぃちゃな動きなんですが、長く続けることで少しでも日本の森が元気になり、その大切な木でより良い住宅を建てていきたいと思っています

ご協力いただいた多くの方々ほんとうにありがとうございました
また来年もお願いいたします
(今年の秋に欅遊庵(きょゆうあん)を神楽坂に建てるんでしたっけ?)

まだまだ、森住の活動は続きます  乞うご期待!!!
[PR]
# by fhplus | 2006-06-01 10:00 | ブログ
『珪藻土の秘密』セミナー&体験の編
OZONEでのGW特別セミナーを開催しました

今回は室内の壁の仕上げとして使われている【珪藻土】についてです

e0007938_8105852.jpg講師はアトピッコハウスの後藤社長さんに詳しく説明を頂きました
今回紹介した珪藻土の壁塗り材は珪藻土の含有率70%ととても多いものです、また珪藻土の弱点である乾燥後の浮遊(表面の珪藻土が空気中に飛んでしまう)については「にがり」と「マグネシウムセメント」により仕上りを硬くすることで解決しています


e0007938_8133047.jpg

後半は実際に珪藻土を参加者に塗ってもらいました、5歳のお子様から大人までわいわいがやがや楽しいセンミナーになりました

OZONEでのセミナーは5月30日までの日曜日ごとに開催しています、皆様のご参加お待ちしております
[PR]
# by fhplus | 2006-05-08 08:31 | セミナー
塗るな塗料の話
昨日のOZONEでのトークショーはアトリエ・ベルの鈴木光明氏を講師に塗装の話をして頂きました

e0007938_8563993.jpg


今回のテーマは【塗るな塗料】ペンキ屋のおやじさんが塗装はするなと言ってます
エコロジー塗料を開発している鈴木氏ですが、塗装は木を保護するものだが使い方や材料の種類を間違っては逆に木の寿命を縮めてしまう、できれば木は素地のまま使ってあげるのがBESTであるというスタンスです
そのなかで木の性質をよく知り適切な《木づかい》の必要性を伝えています

e0007938_9192747.jpg何をもってエコロジー塗料と言うのかの定義は無いのですが人が口にしても害のない物を使っての話など本物の原料を見て・触れて・臭いをかいて・食べてみてとすごく理解し易い講義です
プロの人から一般の方まであっという間の3時間でした


5月6日(土)は【珪藻土の秘密】をテーマにアトピッコハウスの後藤氏にワークショップを含めお話をして頂きます
みなさまのご参加お待ちいたしております、詳しくは『森から住宅を考える』のホームページをご覧下さい
[PR]
# by fhplus | 2006-05-01 09:30 | セミナー
最善の防犯対策は・・・
昨日のOZONEでのスペシャルトークは建築家の田中敏溥氏でした

昨年末に出版されました『向こう三軒両隣り』の本を著者である田中氏本人に解説や出版にあたっての裏話も含めお話を頂きました

e0007938_10305878.jpg


この本については以前このブログにも書かせて頂きましたが改めて田中氏(以下敏さん)本人からの説明というか解説はたいへんわかり易くまた敏さんの思いがすごく素直に感じられました

e0007938_10351146.jpg「建築は生活を表現するもの」と敏さんは言ってます、その生活で大切なファクターの一つ【ご近所のお付き合い】を建築することからの提案をしています
時代を戻すことではなく今の時代に合ったコミュニティーを考えています


詳しくはぜひこの本を読んでみて下さい、敏さんの暖かな気持ちが伝わってくると思います

最近住宅街では空き巣の被害が増えています、最善の防犯対策は町の人がお互い挨拶をし合いご近所のお付き合いがしっかりできる町にすることなんですネ!!

   著  者 : 田中 敏溥(たなかとしひろ)
   発行所 : 株式会社インデックス・コミュニケーションズ
[PR]
# by fhplus | 2006-04-30 11:10 | セミナー
OZONEのイベント進化中!
『森から住宅を考える』のイベントもいよいよ山場のGWを迎えます

毎週行っているセミナーには多くの(?)ご参加ありがとうございます、明日と明後日は私共『森・住』最強の講師陣によるセミナーを開催します

 4月29日(土) 15:30~  みんなでトークセッション
                   講師:田中戸敏溥建築設計事務所 田中敏溥氏

 4月30日(日) 14:00~  塗るな塗料
                   講師:アトリエベル 鈴木光明氏


のセミナーを開きます、両氏ともたいへん楽しいおしゃべりで一度聞いたら必ず印象に残る人の一人になること請け合いです
GWは、ぜひOZONEにきて下さい、詳しくは『森から住宅を考える』のホームページをご覧下さい

 おまけ 
f0107678_20553039.jpg
 

さて問題です
上の写真はOZONEの会場においてある木の苗ですがどっちが【杉】でどっちが【桧】でしょうか
答えは会場まで(いじわるーっ)
[PR]
# by fhplus | 2006-04-28 21:00 | ブログ
昨日のセミナーの報告!!
昨日のOZONEでのセミナーは構造の話でした

姉歯事件以来家づくりにおいてがぜん注目をあつめている構造の話を山辺構造設計事務所の鈴木さんにしていただきました

e0007938_1849030.jpg

地震のメカニズムからはじまり見た目にはわからない地面の事、木造建築における力の流れ、建物の構造体が受け持つ力の負担、接合部の大切さ(補強を含む)など構造についてわかり易い説明でした
詳しい内容をお知りになりたい方は、風土社から出版されている『住まいを守る耐震性入門』にもかかれています、家づくりのバイブルのお一つになると思います
[PR]
# by fhplus | 2006-04-24 18:53 | セミナー
おかめの伝説知ってますか
これって何だかわかりますか?

e0007938_17592533.jpg

上棟式の時「棟(むね)」(建物の一番高い所)に飾るこしらえものです、大工さんが作ります
この写真のお飾りには【おかめ】の面が付いています、これにはお話があるんです
むかし大工の棟梁が柱をうっかり短く作ってしまい困っていたところ、女房のおかめの升組みをすることで長さを足せるアイデアで無事上棟をむかえられたという話がありました
そこまではいいお話なんですが、せっかくのアイデアも女房に教えてもらった事が世間に知られては棟梁の立場がない、棟梁はおかめを殺してしまおうと思ったのですが、それを感づいたおかめは自ら命をおとしたのです
それ以来、上棟式でおかめを慰霊する意味でもおかめの面を飾るようになったそうです

そのおかめは京都で最古のお寺といわれている千本釈迦堂に祭られています、このお飾りはそこから取り寄せました

本物はOZONEの森から住宅を考えるのイベントに展示中です、ぜひご来場ください!!
[PR]
# by fhplus | 2006-04-17 18:31



日本の森と快適な住空間を私たちが提供します。
by fhplus
カテゴリ
全体
セミナー
ブログ
未分類
以前の記事
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
FH+ リンク
最新のトラックバック
子供達の安全・防犯対策 ..
from ママラジピックアップ
5月27日テーマ:子供達..
from 今週のママラジ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧